くるま部

ホテルでオートキャンプだって!?

ドーミーインで宿泊でもなく、
グランピングでもない。

ありえないと言われようが、
非常識と言われようが…


“ ビジネスホテルでオートキャンプ ”


『DOMINISTYLE くるま部』のそんな計画。
現在、着々と進行しています。

その舞台は、2021年5月にオープン予定の
「Dormy Inn EXPRESS 富士山御殿場」。
私たちが “ DOMINISTYLE BASE ” と呼ぶ、
“大人の部活” の “部室棟” です。

そこに完成するスペシャルな1室の前に、
仲間どうし、2台の愛車で乗り付ける…。

フロントでチェックインを済ませてキーを受け取ったら、
それぞれの車からおもむろにキャンプ道具を運び出し…









『DOMINISTYLE くるま部』として活躍中の
ご麺なさいドーミーいんこ号。





…そして今や
ドーミーインのクリエイティブやPVなど、
セールスプロモーションの一翼を担って頂いている
Duke’s & co.様ですが…


その当時、
お会いした事もなかった、「番長」こと、
Duke’s & co.社、山口社長との御縁は、
この「くるま」についての簡単なメールのやり取りから。

そして、この「くるま」のエンブレム、
「さそり」の御縁は、
「番長」を通じて、
「くるま部」の主治医、
Stile社の通称「アゲさん」へと繋がっていくのでした。


そんな1号車と一緒に、ここ御殿場でキャンプすることを夢見ているのが、
くるま部 5号車のこちら、
フランスのRENAULT(ルノー)というメーカーの、
KANGOOというクルマ。
荷台のカスタマイズが無限大に楽しく、キャンパーにとても人気です。

さて、現在『DOMINISTYLE くるま部』に参加しているのは、この2台を含めて5台。
実はすべて、あるファクトリーによって“チューニング”されています。

それが、ブログでもご紹介している『Stile』さんです。
代表は、自ら数々のレースにも参戦し、
ドライバーとしても活動する“アゲさん”ことアゲマツさん。

「僕は、車のチューニングをすることが仕事です。
それがStileという会社。

お客様の多くは、
レースで速く走りたい、
車を格好良くしたい、という方です。

でもチューニングって、本当はレースだけの特殊な世界だけのことじゃありません。

速くすることだけが目的ではなく、
ドライバーが安全に、快適に、そして楽しく走れるように、
ヒトに車を寄せていくこと、それがチューニングだと考えています。

一般の方で、
ハンドルやホイールを変えたり、エアロパーツを付けたりする人もいるじゃないですか。
あれはカスタマイズという領域かもしれませんが、
だけど、ブレーキペダルの位置や、
ハンドルの高さや前後の位置を、
改造してまで変えようとはしないですよね。
そもそもそんな発想も、普通はありません。
だけどそれって…無意識に自分を車に合わせていることなんです。

ドライバーにとって一番大切なこと…それは安全第一。
走る、曲がる、そして止まる、です。
そのために必要なことは、
自分の足や手の長さ、体の大きさや癖に合わせて
ぴったりクルマが合っていて、運転操作がしやすいことにつきると思っています。

レーシングカーも、ドライバーが車を乗りこなすとも言われますが、
ドライバーの技術やコースのレイアウト、気候、気温によって、
クルマを細かく合わせていくこと。

そういうことをレースで学び、
お客様のことを知り、
お客様が本当に乗りやすい車を作り上げる。

安心して曲がる、止まる。だから走りも楽しめる。

お客様がクルマに乗って笑顔になってくださることが
僕の幸せです。」

そう語るアゲさんの手によって、
“自分の手足のように”操り、
自分の思い通りの動きをする、
まさに“一体感”を感じるようなチューニングに。

そしていま、
レースとはおよそ無縁な5号車、
RENAULT KANGOOが、
アゲさんの手によってチューニングされています。

1、ナビとTVは、付け得る限りで、画面大きめのを選びたい

2、各ライトを白く明るくさせたい

3、サスのフワフワ感減少(車高も低く)

4、交差点を左に曲がった時の速度だと「1速」にしないと立ち上がらない、低速のトルクの無さを克服

5、高速道路での6速ギアからの加速の鈍さ

6、ブレーキの初期タッチの悪さ(カックンすぎる)

というアゲさんが「気になる部分」、
DOMINISTYLE KANGOOでは、
どのような「問題解決」が施されたのでしょうか!?

それはまた次回!

「そうそう。大工さんチームのオーダーで後部座席上のオーバーヘッドボックス、取り外しておきましたよ。
皆さんが、どうアレンジするのか楽しみですね。」




そして!
今回、キャンプをするためにさらに特別なカスタマイズを行うのは、
なんと、ドーミーインの大浴場や、ドーミーイン部屋のラボを作る大工さんチーム。
KANGOOはドーミーインになる…?




続報をお待ちください!





————————————–


KANGOO “DOMINISTYLE” シリーズ

① まずはナビから!

② エンジンそのままでパワーアップ!

③ 安全に”STYLISH”に曲がる「足まわり」







著者名:

スタッフみんなの便利屋さんです。DOMINISTYLEの活動を楽しんでいただくために、時にはブログ、たまに部活、あるいは商品開発でお会いいたしましょう。