くるま部

KANGOO “DOMINISTYLE”
③ 安全に”STYLISH”に曲がる「足まわり」

“ ビジネスホテルでオートキャンプ ”。

全行程のほとんどを締める、高速道路や 一般道での走行。
その安全と快適性のために、
前回、パワーアップという機能を手に入れました。

そして、
そのパワーを活かすために、
アゲさんが次に手を入れたのは…?

『KANGOO “DOMINISTYLE”』

本日は…


「安全に曲がる」。




クルマの話をする人は、
「足まわりを硬く」とか
「少し(車高を)落として」とか、
「ロールが…」とか、
よく言います。
クルマに興味がない人でも聞いたことがあるかもしれませんね。

これ、タイヤとボデイをつなぐ、
“足回り”と呼ばれる部品にまつわる会話です。
大きくはコイルスプリング、ショックアブソーバーという2つの部品のことで、
その調整の具合で、硬いとか柔らかいとか、
車高を上げたり落としたり…となるわけです。

さて、このフランス車であるRENAULT KANGOOの足回りはどうでしょうか。

右上のバネが“コイルスプリング”、その下の黒い棒が“ショックアブソーバ”。

通常、キャンプに使われるようなクルマは
オフロードタイプが多いですよね。

当然、クルマの底が凸凹の地面に擦らないように
車高が「高く」なっています。

しかし、
クルマ屋から見ると、
低いほうが格好いい。

そして、街乗りでは重心の低さが、実は、とても大切。

曲がる時に、重心が高いと、
クルマの傾き(ロール)が大きくなる…

これ、”車に弱い”という人の、その原因のひとつでもあるのです。

レースでも「快適に」タイムを出せる事は、とても重要。

レースをやってきた僕としては、まず、その目線で当社の黒カングー君を触りました。

車高を低く。
そして安定した走りを。

本来でしたら、

車高や足回りの硬さを自由に調整できる、
「車高調整式サスペンション」の開発にかかるべきなんでしょうけど…

純正でついているショックアブソーバーが意外に(失礼しました)しっかりしているんです。

コストとのバランスを考えた、
僕たちの「カングーの足まわり」への「最適解」…

それは
「コイルスプリング」
でした。



とにかく数センチ下げたいと思い、
いろいろローダウンスプリングがないか探したのですが、
KANGOOにちょうどいいのがなく、
自社のクルマゆえの特権、“とりあえず切ってみるか”と。
お客様のクルマはゼッタイ切りません。

半周ずつ切っていき、
最終的には、普通の乗用車みたいな高さまできました。

車高はよし。

しかし問題が…。

スプリングって、
ショックアブソーバーに巻き付く形で車体にくっついてるんですが、
短くなった分、アソビができるんです。
スプリングは上下が固定されているから機能を発揮するのであって、
これではいけません。

ってことで、
当社にとってスプリングの最強パートナー、
HAL springsのブランドを展開している
株式会社HALさんにご相談。
なんと当社から歩いて2分。

硬さ、長さの要望を伝え、
まずは完成した試作品を黒カングー君に装着。
実際に街中を走ってテスト。

スプリングって、巻き方によって、
初期・中期・最終入力(地面のギャップなどからの荷重)と
伸びる時の反発力の発揮の仕方で、
バネレート(硬さ)を高めてるのに、
しなやかで、さらに乗り心地を良くする事ができるのです。

長さはほぼ決まってるのですが、
フィーリングは1回目では納得行かず。

HALさんに再度、
フィーリング、乗り心地をフィードバックし、
狙っているイメージを伝えて
巻きや硬さを調整。

結局5タイプを作ってもらい、
一番僕が「これこれ!」と思うものが出来上がってきました。


『Stileオリジナル KANGOOローダウンスプリング by HAL springs』!




最終的に、スプリングの硬さを示す「キロ数」は、
純正でついていたものと同じ数値になりました。
理由は、ショックアブソーバーとのバランスがとても良かったからです。
しかし、HALさんの技術で作ることで、
アタリ(クッション具合)はソフトで、
グッと縮んでしっかり反撥してくれる。
5mmくらいの間で伸び縮みする。

小回りが効いて、要望に細かく対応してくれるHALさんのおかげです。
数々のレース車輌でも採用されているその技術力は半端ではなく、
加えて言葉にしづらいフィーリングを
確実にキャッチしてくれるんです。
日本に数社しかないスプリングを作る工場のうち、
こんな素晴らしい会社が当社の近くにあるなんて…。

DOMINISTYLE くるま部のKANGOOに装着しました。

ローダウン KANGOOS!



・車高が低くてスポーティ!
 フェンダーとタイヤの間の隙間がぎりぎりまで縮まりました!
・重心が低くなったので、
 コーナーリングはバツグンの安定性!


「安心して曲がって、しかもカッコいい!」




今回も、好きなクルマに、欲しい機能をプラスできました。



『Stileオリジナル KANGOOローダウンスプリング by HAL springs』
バネレート 前:3.6kgf/mm / 後:2.4kgf/mm

今回の問題解決パートナー
★株式会社 HAL★






衝撃を吸収しながらも、機能を高めてスマートに。
それが「安全で楽しい」につながる…

私達DOMINISTAも、
そんな「スプリングのチカラ」を身に付けたい…

もちろん、皆が同じスプリングじゃなく、
それぞれの個性が最大限に活きる、
そんな個々のスプリングのチカラを…。

『 KANGOO “DOMINISTYLE” 』

次は、STYLISHな足、
ホイールからの…






KANGOO “DOMINISTYLE” シリーズ

ホテルでオートキャンプだって!?

①まずはナビから!

② エンジンそのままでパワーアップ!

③ 安全に”STYLISH”に曲がる「足まわり」

④快適に、そして “STYLISH”に…「止まる」!?

⑤今度はSTYLISHに…泊まる!?

⑥STYLISHにメイクアップ!?




著者名:

スタッフみんなの便利屋さんです。DOMINISTYLEの活動を楽しんでいただくために、時にはブログ、たまに部活、あるいは商品開発でお会いいたしましょう。